乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

CI199&198 Economy Class KMJ-KHH B737‐800 2017 Mar チャイナエアライン199便&198便 エコノミークラス 熊本‐高雄 搭乗記

阿蘇くまもと空港から国際線が出ているのをご存知でしょうか?

2016年の熊本地震直前までは、チャイナエアラインの高雄行き、アシアナ航空のソウル行き、香港航空の香港行きが運行されていました。

2017年6月現在はチャイナエアラインの高雄行きとソウル行きが3社(エアソウル、ティーウェイ航空、ジンエアー)チャーター便を運航している状況です。香港行きはGWにキャセイドラゴンのチャーター便が運航された程度です。

 

今回は、チャイナエアラインの高雄行きに搭乗してみます。

熊本県熊本市高雄市は友好交流協定を締結しています。そのため台北ではなく高雄行きが出ているのです。

 

中心部から阿蘇くまもと空港まではリムジンバスで。

国際線ターミナルが終点です。

f:id:liner883:20170527232243j:plain

阿蘇くまもと空港の国際線ターミナルはミニマムな作りです。

f:id:liner883:20170527232259j:plain

保安検査場は2レーンのみ。

f:id:liner883:20170527232315j:plain

国際線ターミナルにはラウンジが無いので、ビジネスクラス利用者、上級会員はミールバウチャーで対応しています。ちなみに国際線ターミナルでバウチャーが使える店は1店のみです。

f:id:liner883:20170527232333j:plain

ミールバウチャーを使って、デコポンジュースを頂きます。ちなみに一杯600円の高級ジュースです(笑)

f:id:liner883:20170527232350j:plain

やや早着気味でCI198便がやってきました。

Boeing737‐800での運行です。

f:id:liner883:20170527232405j:plain

ゲートも1つのみ。ボーディングブリッジはちゃんとあります。写真には写っていませんが、免税店もあるにはありますけど、超コンパクトです(笑)

f:id:liner883:20170527232422j:plain

搭乗します。デルタのゴールドメダリオンへステータスマッチをしたおかげで、優先搭乗です。他に誰も優先搭乗の方はいませんでした。

f:id:liner883:20170527232438j:plain

f:id:liner883:20170527232457j:plain

ビジネスクラスは8席。ナローボディー機で標準的なタイプです。

f:id:liner883:20170527232513j:plain

ボーイングスカイインテリアの機材です。機内はまだ新しく、気持ち良い空間です。

f:id:liner883:20170527232529j:plain

フルサービスキャリアですので、シートピッチが極端に狭いことはありません。ただ、各座席にモニターはありません。

f:id:liner883:20170527232551j:plain

安全のしおりには日本語表記もあります。

f:id:liner883:20170527232643j:plain

エンジンビューのシートでした。

f:id:liner883:20170527232701j:plain

テイクオフ。機内は30名程度とGWなのにガラガラ。軽々と飛び立ちます。

阿蘇の外輪山が見えます。

f:id:liner883:20170527232716j:plain

地震で橋が崩落した立野付近が見えました。今後が気になる地区です。

f:id:liner883:20170527232729j:plain

雲を抜けます。

f:id:liner883:20170527232742j:plain

雲を抜けきったら青い空が広がります。この瞬間が飛行機の醍醐味ですね。

f:id:liner883:20170527232758j:plain

沖縄のちょっと先という距離感です。

f:id:liner883:20170527232814j:plain

f:id:liner883:20170527232831j:plain

f:id:liner883:20170527232903j:plain

機内食は2種類のチョイス。ポークかチキンです。

CIのキャビンクルーはみなさんスラッとしていて美人な方が多いです。

個人的には、食事中の青い照明は食欲を減退させる色なのでやめてほしいですね。

f:id:liner883:20170527232954j:plain

ホットミールは蓋の色で区別されていました。f:id:liner883:20170527232922j:plain

f:id:liner883:20170527232938j:plain台湾ビールで乾杯します。スッキリした味わいです。

f:id:liner883:20170527233205j:plain

f:id:liner883:20170527233009j:plain

ポークです。台湾搭載のミールでした。

f:id:liner883:20170527233026j:plain

日本人も好きな味で、安心して食べられます。

f:id:liner883:20170527233118j:plain

チキンのチョイス。構成は似てますね。

f:id:liner883:20170527233042j:plain

人参とジャガイモのナムル。そつなく頂けます。

f:id:liner883:20170527233151j:plain

2時間程度で高雄到着です。

地下鉄美麗島駅はステンドグラスがきれいで一見の価値あり。

f:id:liner883:20170528004810j:plain

夜市も楽しめます。

f:id:liner883:20170528004819j:plain

f:id:liner883:20170528004829j:plain

もち米ドッグ。

f:id:liner883:20170528004837j:plain

ピーナッツの粉をかけて食べるちまき。

f:id:liner883:20170528004847j:plain

豆花(トウファ)は豆腐のスイーツ。蒸し暑い中食べる冷たいスイーツは美味。甘い豆も入って健康的な食べ物だと思いました。

f:id:liner883:20170528004855j:plain

野菜たっぷりの牛肉麺もうまし。

f:id:liner883:20170528004903j:plain

帰りです。

高雄空港は国際線ターミナルと国内線ターミナルに分かれています。

高速鉄道が開業したため、国内線はローカル線ばかりです。

高雄空港国際線ターミナルには、チャイナエアラインとEVAエアー、キャセイドラゴンのラウンジ、プライオリティパス対応のラウンジがの4つがあります。

今回はチャイナエアラインのラウンジにお邪魔しました。

f:id:liner883:20170527233222j:plain

スイーツから紹介。ケーキ各種にピーナッツ豆腐ベースの豆花がありました。

f:id:liner883:20170527233243j:plain

台湾の空港ラウンジでは焼き芋が必ずあります。しっとりとして蜜があふれていてとてもおいしい焼き芋です。

f:id:liner883:20170527233301j:plain

ホットミールも中華飯がいくつかあります。

f:id:liner883:20170527233325j:plain

窓がないので開放感はありませんが、落ち着きのある色づかいです。

f:id:liner883:20170527233345j:plain

ヤクルトもあります。

f:id:liner883:20170527233403j:plain   

f:id:liner883:20170527233418j:plain

CI198で帰国です。帰りもありがたく優先搭乗です。行きと対照的に帰りはほぼ満席でした。

f:id:liner883:20170527233434j:plain

チャイナエアラインの日本線は全便JALコードシェアです。

f:id:liner883:20170527233451j:plain

f:id:liner883:20170527233525j:plain

f:id:liner883:20170527233544j:plain

お隣はピーチのKIX行きでした。

f:id:liner883:20170527233558j:plain

日本では見ないファーイースタン航空のMD-82(か83)が駐機中です。

独特のスタイルがかっこいいですね。

f:id:liner883:20170527233615j:plain帰りも機内食は2種類のチョイス。ポークorチキン。

f:id:liner883:20170527233633j:plain

ポークはパイコー飯風。骨はなかったので食べやすくなっていました。

台湾の駅弁風で、機内食としては大当たりの部類です。すごくおいしかったです。

f:id:liner883:20170527233650j:plain

f:id:liner883:20170527233706j:plain

チキンはCI199便とにた見た目。味付けは照り焼き風だったと記憶しています。

f:id:liner883:20170527233722j:plain

f:id:liner883:20170527233738j:plain

チャイナエアラインの熊本高雄線、いかがだったでしょうか。

最近、特別塗装機の「三熊友達号」(高雄の熊のキャラ2匹とくまモンがペイントされているそう)が就航したようで、熊本と高雄の友好関係はますます深まっていきそう。

日本人の乗客をほとんど見なかったので、熊本からも高雄に出向く方が増えるといいですね。

チャイナエアラインの熊本高雄線はナローボディー機なので、ハード面はワイドボディ機に敵いませんし、キャビンクルーも日本語が喋れるわけではなくどちらかというとあっさりした接客ですが、機内食がおいしかったのは特筆すべき点。

九州の方なら、福岡発の台湾行きがいっぱいのときは、熊本発を候補に入れてみるのもいいかもしれません。