乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

CX467 Business Class TPE-HKG A350-900 2016 Sep キャセイパシフィック航空467便 ビジネスクラス 台北‐香港 搭乗記

キャセイエアバスA350-900が就航したので、乗り心地を試しにお気軽路線の台北‐香港に乗ってきました。

JALも導入予定のこの機材、短時間で従来機との違いは分かったのでしょうか?

 

台北キャセイラウンジでくつろいだ後、搭乗です。

A330がゲートインした時はキャセイ名物機材変更かと思いきや、ゲートチェンジがあり、A350が遅れてやってきました。

f:id:liner883:20170527195503j:plain

f:id:liner883:20170527195510j:plain

 

早速搭乗です。木目調の床が新鮮です。

f:id:liner883:20170527195518j:plain

長距離用の機材として導入されているので、ビジネスクラスは逆ヘリンボーンタイプの新型です。

PYも新座席が導入されたのですが、写真を写し損ねました。

f:id:liner883:20170527195526j:plain

f:id:liner883:20170527195533j:plain

f:id:liner883:20170527195541j:plain

もちろんフルフラットです。

f:id:liner883:20170527195920j:plain

IFEも新型になりました。

f:id:liner883:20170527195550j:plain

f:id:liner883:20170527195651j:plain

美しい画面です。

f:id:liner883:20170527195604j:plain

f:id:liner883:20170527195706j:plain

ヘッドフォンはノイズキャンセリングだったと思います。

 

 

f:id:liner883:20170527195611j:plain

足元です。広々です。

f:id:liner883:20170527195620j:plain

テーブルも木目調です。

f:id:liner883:20170527195628j:plain

f:id:liner883:20170527195636j:plain

暖色系の色の照明で迎えてくれました。

f:id:liner883:20170527195659j:plain

787と比較して、そこまで大きくない窓です。日よけもこれまで通りシェード式。

f:id:liner883:20170527195714j:plain

シートベルトサインは液晶です。ここは未来的なデザイン。

f:id:liner883:20170527195722j:plain

ウェルカムドリンクを頂いて出発です。

f:id:liner883:20170527195645j:plain

午後便なので、リフレッシュメントです。

f:id:liner883:20170527195732j:plain

ドリンクは短距離線でもしっかり搭載しています。

f:id:liner883:20170527195739j:plain

スターターはフルーツ。

f:id:liner883:20170527195759j:plain

そしてメインは中華を選択。卵チャーハンと豚肉の酸っぱくない酢豚的な料理。日本人も好きな味で美味です。

f:id:liner883:20170527195806j:plain

f:id:liner883:20170527195817j:plain

中華に白ワインもなかなかいけます。

f:id:liner883:20170527195823j:plain

パンナコッタでしめます。

f:id:liner883:20170527195752j:plain

機内照明は複雑な色づかいに変化しました。

f:id:liner883:20170527195746j:plain

コクピットビュー的な画面も面白いですね。

f:id:liner883:20170527195830j:plain

乗り継ぎ便表示は見やすくなっていました。

f:id:liner883:20170527195839j:plain

香港のダムです。

f:id:liner883:20170527202301j:plain

香港上空にきました。迫力の垂直尾翼からの映像。

f:id:liner883:20170527195857j:plain

ランディング。

f:id:liner883:20170527195912j:plain

A350は愛嬌のあるフェイスですね。

f:id:liner883:20170527195930j:plain

新塗装も合っています。

f:id:liner883:20170527195947j:plain

ロールスロイストレントXWBです。

f:id:liner883:20170527195937j:plain

香港では、アライバルラウンジを利用しました。

f:id:liner883:20170527200002j:plain

シャワーもあります。

f:id:liner883:20170527195455j:plain

ビュッフェからサラダとスープを。

f:id:liner883:20170527200013j:plain

キノコリゾットも頂きます。

f:id:liner883:20170527200021j:plain

広くはありませんが、香港の街に繰り出す前に情報収集や一休みができます。

フィリピーナのおばちゃん達が迎えてくれます。

f:id:liner883:20170527202309j:plain

香港の夜景です。

f:id:liner883:20170527202317j:plain

 

A350のショートホール、1時間ちょっとのフライトなので、従来機(A330など)との違いは静粛性がややあるかなと感じる程度で、あとは良く分からないのが正直な所です。

787と同じように航空会社にとって経済的で、中型でより長距離が飛べる機材ということで、これまでペイしなかった路線もA350によって開設されると、利用者にもメリットがある機材、ということにになるでしょう。

SQのニューヨーク線の復活もそれを表していると思います。

787とは違い、777‐300ERを代替できるストレッチバージョンも登場するとのことで活躍の場が広がりそうですね。

いい意味でフツーの飛行機という感じでした。

これから787と同様、当たり前の飛行機になっていくのでしょう!