乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

CX400 First Class HKG-TPE B777-300ER 2017 Mar キャセイパシフィック航空400便 ファーストクラス 香港‐台北 搭乗記

 香港~台北間は約500マイルと超ショートホールです。

キャセイはロングホール機材を間合いでショートホールに投入することも多々あるようで、ファースト付機材(いわゆる77H)で運航する際は、きちんと4クラス運用することが多いようです。(F,C,PY,Y)

今回は香港のキャセイファーストクラスラウンジでゆっくりした後、夕方の便で台北に出発です。

超ショートホールのキャセイファーストクラスはどうだったのでしょうか。

f:id:liner883:20170601233827j:plain

 

 やや遅れて到着した機材。確かバンクーバーから飛んできたと機長は言っていました。

f:id:liner883:20170601233930j:plain

ディレイでの出発です。

f:id:liner883:20170601233807j:plain

さて、搭乗します。 

f:id:liner883:20170601234550j:plain

乗り込みました。

横に1-1-1のたったの3列しかありません。計6席です。1Aに座ります。

f:id:liner883:20170601235218j:plain

f:id:liner883:20170601235850j:plain

蘭の花がいいアクセントです。ちなみに足置きは離着陸時は足が届きません。

足置きは椅子にもなって、向かい合って食事をすることができます。

f:id:liner883:20170601234022j:plain

ウェルカムドリンクです。アムールドドゥーツ、大変美味です。本当に飲みすぎ注意です。2杯だけ頂きました。

f:id:liner883:20170601234038j:plain

f:id:liner883:20170601234058j:plain

f:id:liner883:20170601234115j:plain

77Hです。

f:id:liner883:20170601234135j:plain

 ヘッドフォンはBOSEノイズキャンセリングのモデルです。

f:id:liner883:20170601234656j:plain

 液晶の操作盤でリクライニングやマッサージ、照明を調整できます。

f:id:liner883:20170601234748j:plain

f:id:liner883:20170601234807j:plain

フルフラット時の操作はこちらのボタンが便利です。f:id:liner883:20170601234829j:plain

照明はLEDで、搭乗時はピンクがかった色です。

f:id:liner883:20170601234845j:plain

コンセントとUSBは座面から離れた位置にあるので、コードが長くないと充電しながら使えません。

f:id:liner883:20170601234900j:plain

モニターで前方のカメラ映像が見られます。

f:id:liner883:20170601234921j:plain

機内誌はパックされています。

f:id:liner883:20170601234958j:plain

タキシング中には新塗装のキャセイドラゴンが見えました。

f:id:liner883:20170601235014j:plain

A350 も一緒に離陸待ちです。

f:id:liner883:20170601235031j:plain

 旧塗装のキャセイドラゴン、香港エクスプレスが同じく離陸待ちです。

f:id:liner883:20170601235101j:plain

A350が一足お先に離陸していきました。

f:id:liner883:20170601235122j:plain

メニューを見ます。離陸前に何を食べたいか聞かれます。

f:id:liner883:20170601234519j:plain

夕方便なので、リフレッシュメント扱いのようです。

f:id:liner883:20170601234445j:plain

飲み物は赤白それぞれ複数のワインから選べます。

f:id:liner883:20170601234502j:plain

さて、水平飛行にうつります。

フルフラットにしてみました。

f:id:liner883:20170601235238j:plain

ファーストクラスなので、ビジネスクラスのようにどこか無理してフルフラットにした感じが無く、狭さを感じさせない「ベッド」です。

f:id:liner883:20170601235305j:plain

さて、食事です。テーブルにエキストラの板をつけて、2人で向かい合って食事をしてみました。

f:id:liner883:20170601235321j:plain

こちらに座ります。

f:id:liner883:20170601235339j:plain

広々としたテーブルができました。

f:id:liner883:20170601235356j:plain

フライトタイムが1h20m程度と大変短いので食事もフルコースとまではいきません。まずはスターターのフルーツです。みずみずしくておいしいです。

f:id:liner883:20170601235413j:plain

このように余裕がある大きさのテーブルです。

f:id:liner883:20170601235430j:plain

パンをカゴごと頂けます。ガーリックトーストももちろんあります。全種類おいしかったですね。

f:id:liner883:20170601235448j:plain

白を頂きます。

f:id:liner883:20170601235504j:plain

f:id:liner883:20170601235520j:plain

 ベジタリアン対応のメイン、人参ソースのパスタです。野菜たっぷりで、味もいいので白ワインが進みました。

f:id:liner883:20170601235615j:plain

こちらは中華のメイン。鶏肉の中華風です。

f:id:liner883:20170601235633j:plain

人参とブロッコリーを添えて。

f:id:liner883:20170601235651j:plain

ジャスミンライスもあります。ごはんの表面がすこしぱさぱさでした。日系のファーストクラスの炊き立てごはんとは比較になりません。(当然ですが)

f:id:liner883:20170601235709j:plain

赤ワインと一緒に頂きました。

f:id:liner883:20170601235724j:plain

f:id:liner883:20170601235740j:plain

最後はデザートで〆です。トフィーチーズケーキといって、キャラメルっぽいものとチーズのケーキにバニラソースをかけていただきます。早食いをしたので、いまいち味を覚えていません。

f:id:liner883:20170601235758j:plain

紅茶とともに頂きます。

f:id:liner883:20170601235815j:plain

香港スタイルミルクティーもおいしいです。

約30分の食事時間でした。優雅な時間とは程遠いですが、短時間でもこちらが求めれば気合を入れて速やかに食事サービスを提供して頂けます。

f:id:liner883:20170601235831j:plain

最後にコメントを求められました。フレンドリーかつ丁寧なサービスでしたので、そのようにお答えしました。

f:id:liner883:20170601235910j:plain

オーバーヘッドビンが無いのでスッキリとした天井です。

f:id:liner883:20170601235537j:plain

着陸前は夕焼け空を模したような照明になりました。 

f:id:liner883:20170602000008j:plain

実際の空はもう少し明るかったです。

f:id:liner883:20170601235946j:plain

桃園に到着です。

一番に降りられます。というか、ファーストのお客さんが降りるまで、ビジネスのお客さんをブロックして頂けますので、ちょっとしたプレッシャーです。

f:id:liner883:20170602000045j:plain

超ショートホールのファーストクラス、サービス提供時間は限られますが、こちらがサービスして欲しいと伝えると、全力でサービスして頂けます。

スムーズにサービスして頂けるので、こちらも協力しようと連係プレーのようになります。最後にはキャビンクルーと乗客の一体感?のようなものが生まれた気がしました。

早食いが得意なら、ぜひキャセイのショートホールファーストクラスをお勧めします。

香港の素晴らしいラウンジと合わせて、一種のエンターテイメント感覚で楽しまれてください。