乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

アムステルダムスキポール空港 KLMクラウンラウンジ訪問記【AMS】KLM CROWN LOUNGE 

2016年の年末→2017年の年始にかけて、スカンジナビア航空の格安ビジネスクラスチケットでヨーロッパを回りました。

liner883.hatenablog.com

今回は、アムステルダムのKLMラウンジをご紹介します。

どんなラウンジだったのでしょうか?

f:id:liner883:20170803201803j:plain

 アムステルダム近郊に滞在していたので、空港まで列車で向かいます。

f:id:liner883:20170803201639j:plain

貫通扉が無く、やや流線型でかっこいいです。

普通列車、いわゆるスプリンターです。

f:id:liner883:20170803201559j:plain

車内は固定クロスシートです。短くても1等車があるのはさすが階級社会の残るヨーロッパです。(奥の赤い座席)

f:id:liner883:20170803201606j:plain

ヨーロッパの鉄道車両はじめ、建築物など日本人からするとおしゃれでかっこいいイメージがありますが、鉄道沿線は特に落書きが多く、中には車両も落書きされているものもあります。

日本なら、落書きされた車両は運用には就きませんが、ヨーロッパでは落書きされたまま運用しているのをよく目にしました。

この辺の感覚が不思議です。というか、なぜこんなに落書きが多いのでしょうか?

f:id:liner883:20170803201615j:plain

ホームには液晶画面で発着案内があります。

f:id:liner883:20170803201630j:plain

個人的に、オランダ鉄道と言えばこの車両です。4000型と呼ばれる車両で、インターシティーで運用されています。日本の485系特急型車両と同じく、前面貫通型で高運転台です。

f:id:liner883:20170803201647j:plain

今回は、こちらの車両に乗り換えてスキポール空港へ向かいます。

f:id:liner883:20170803201657j:plain

f:id:liner883:20170803201704j:plain

さて、空港へ着きました。

KLMのブランドカラーである鮮やかなブルーの自動チェックイン機です。さっとチェックインします。

f:id:liner883:20170803201722j:plain

デルタのなんちゃってゴールドメダリオン資格を持っていたので、KLMクラウンラウンジへ入室です。

f:id:liner883:20170803201730j:plain

スカイチーム系列が主に使用しているようです。

f:id:liner883:20170803201737j:plain

www.klm.com

温かみのあるデザインです。

f:id:liner883:20170803201747j:plain

スパークリングワインがあります。

f:id:liner883:20170803201755j:plain

オランダでは大晦日に食べる、オリボーレンがありました。

サーターアンダギー的なドーナツです。街中に屋台が出ていて、オランダ人の皆さん群がっていました(笑)それだけ年末にはマストアイテムのようです。

f:id:liner883:20170803201818j:plain

ホットミールも各種あります。

f:id:liner883:20170803201829j:plain

おつまみになる野菜系の料理も。

f:id:liner883:20170803201838j:plain

そしてハム&チーズです。

f:id:liner883:20170803201850j:plain

オランダといえばハイネケン

f:id:liner883:20170803201900j:plain

ビアサーバーも用意されています。

f:id:liner883:20170803201914j:plain

スープもありました。こんな感じで頂きました。

f:id:liner883:20170803201923j:plain

2016年最後のフライト前に利用したスキポール空港のKLMクラウンラウンジ。

さすがフラッグシップラウンジだけあって、広くて快適、そしてスパークリングワインや生ビールまでそろっていて、フードもそこそこ品ぞろえも良く、満足しました。

オリボーレンも用意されていて、地域性、季節感も感じられ、2016年の〆にふさわしいラウンジ体験でした。