乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ペーパードライバーがお送りする、乗車記、搭乗記です。熊本のローカルな乗り物から世界のファーストクラスまで。

日本航空725便 ファーストクラス 成田‐ジャカルタ 搭乗記 洋食編 JL725 First Class NRT-CGK B777-300ER 2017 Feb

JALファーストクラスで1食目の和食を楽しんだ後、しばしフルフラットでゆっくりしました。

到着の2時間ほど前に再び食事の時間としました。

事前に洋食の前菜と主菜のうち、余ったものがあれば提供して欲しいというリクエストを出していました。

さて、何が出てくるのでしょうか?

liner883.hatenablog.com

liner883.hatenablog.com

f:id:liner883:20171009235433j:plain

 洋食のメニューはこちらです。

東京神谷町の「SUGALABO」の須賀シェフ監修のメニューです。

アペタイザーの内、キャビアは1食目に頂いたので、サラダかオマールエビのどちらかが食べられたらいいなと。

メインはさすがに牛肉は残っていないでしょうから、鶏かクエになるのかと思いますが、クエは食べたことが無いので、クエが出てくるとうれしいなと思っていました。

f:id:liner883:20171029211932j:plain

寝起きなのでお酒ではなく、ロイヤルブルーティーを頂きました。

これがすごくおいしくてヒット!

ウーロン茶より紅茶に近いお茶です。ぐびぐびいってしまいました。

f:id:liner883:20171009235443j:plain

美しい色です。

f:id:liner883:20171009235452j:plain

前菜が運ばれてきました。

「オマール・ブルー カリフラワーと甘酸っぱいハニービネガーで」

でした。

オマールブルーを良く知らなかったのですが、青みがかった体をした最高級のオマールエビだそうで、さすがファーストクラスという感じです。

f:id:liner883:20171009235500j:plain

彩がきれいです。

カリフラワーと酸っぱいソース(ハニービネガー)が味の大半を占めていて、酸っぱいなという印象が強かったのですが、オマールエビ自体は味が濃くておいしかったです。

f:id:liner883:20171009235509j:plain

続いてメインは

「大山鶏 季節の茸とヴァンジョーヌを使ったフリカッセに」

です。クエは余らなかったようですね。ちょっと残念。

お皿を置かれた向きが野菜メインになっていますが、これ逆ですね。

f:id:liner883:20171009235519j:plain

はい。こちらがメインの大山(だいせん)鶏です。鳥取県のブランド鶏のようで、ジューシーで旨みのある鶏肉とのこと。

フリカッセとはフランスの白い煮込みとのことで、バターやブイヨンと生クリームで焦げないように煮込んだ料理とのことです。

うん、茸がおいしかったですね。

もちろん鶏肉もおいしかったのですが、鶏肉は馴染みがありすぎてそこまで感動しなかったのかもしれません。

f:id:liner883:20171009235528j:plain

そうしているうちに、ジャカルタに近づきました。

f:id:liner883:20171009235540j:plain

まだ食べます。

チーズはメニューに詳しい解説はありませんでしたが、どれも日本製とのことでした。それぞれのチーズに添えられているものは一緒に食べると合うということで確かにそうでしたね。

f:id:liner883:20171009235549j:plain

赤ワインと合わせようと思っていたのですが、ロイヤルブルーティーがおいしくてそのまま続けてしまいました。

チーズにも結構合うんですね。でもワインとのフロマージュも楽しめば良かったかな。

f:id:liner883:20171009235605j:plain

最後にフルーツを頂きました。

大変美しい盛り付けでため息が出ます。日本のフルーツなので熟していて美味でした。

f:id:liner883:20171009235614j:plain

最後にジャンポールエヴァンのマカロンを頂きます。

f:id:liner883:20171009235620j:plain

お土産にしようかとおもったのですが、ジャカルタの気温を考えて機内で頂くことにしました。

カロンって初めてだったんですが、最中みたいなものかと思っていたところ、結構しっとりしていておいしかったですね。

f:id:liner883:20171009235629j:plain

わーとうとう着いてしまいます。

f:id:liner883:20171009235640j:plain

f:id:liner883:20171009235648j:plain

スカルノハッタ国際空港に着きました。

f:id:liner883:20171009235656j:plain

さすがに8時間弱でファーストクラス機内食を2食頂くとかなり満腹になりました。

1食目の和食があまりにも究極すぎて、洋食の存在感がやや霞んでしまった感はありますが、素材や調理法はとっても丁寧でおいしい機内食でした。

でもやはり、日本発の機内食は和食がおすすめだということは間違いないですね。

ぜひまた機会があればJALファーストクラスを楽しみたいところです。