乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ペーパードライバーがお送りする、乗車記、搭乗記です。熊本のローカルな乗り物から世界のファーストクラスまで。

フィンエアー78便 ビジネスクラス 関西‐ヘルシンキ 搭乗記 イッタラのグラスがおしゃれな機内食編 AY78 Business Class KIX-HEL A330‐300 2017 Dec

年末年始に搭乗したフィンエアービジネスクラス

機内はマリメッコがお洒落で、王様シートを指定したので快適でした。↓ 

liner883.hatenablog.com

 機内食はどうだったのでしょうか?

f:id:liner883:20180109231205j:plain

離陸後1時間後くらいだったでしょうか、 シートでくつろいでいると、メニューが配られました。

f:id:liner883:20180109231812j:plain

2冊あり、食べ物のメニューの方は日本語ページあり、飲み物メニューは英語のみでした。

f:id:liner883:20180128214624j:plain

フィンエアーの食へのこだわりページ。

f:id:liner883:20180128214654j:plain

続いて今回のメニューです。

サービスは昼食とスナック、そして到着90分前の食事の3回です。

スナックはリクエストベースです。

メインの食事は昼食で、前菜2種、メイン3種から選べます。

f:id:liner883:20180128214709j:plain

飲み物メニューは英語のみです。

BLUE SKYというシャンパンとブルーベリージュースを混ぜたカクテルはフィンエアーシグネチャードリンクです。

シャンパンは英国王室御用達のジョセフペリエです。

f:id:liner883:20180128214753j:plain

ワインは赤白それぞれ2種類ずつです。

f:id:liner883:20180128214818j:plain

f:id:liner883:20180128214835j:plain

デザートワインもあります。

2種類積んでいると思ったら、1種類だけしか積んでいませんでした。

f:id:liner883:20180128214852j:plain

ソフトドリンク各種です。

紅茶がたくさんあります。

コーヒーはエスプレッソを頼んだら機械が無いと言われました。

エスプレッソマシンはA350にしか搭載されてないのかもしれません。

f:id:liner883:20180128214907j:plain

まずアミューズです。

「チキンティッカ ガーリック風味」

インド料理っぽいスパイシー感があったと思いますが、何分量が少ないので一瞬でした(笑)

f:id:liner883:20180125223716j:plain

最初のドリンクサービスではジョセフペリエイッタラのグラスで。

Ultima Thuleという氷が融ける様子をグラスにデザインしたフィンエアーオリジナルのスパークリングワイン用グラスで提供されます。

とっても美しくて、思わず何杯もシャンパンを飲んでしまいそうになります(笑)

これはフィンエアーの機内で購入可能で、私も一目ぼれして買ってしまいました。

f:id:liner883:20180125223733j:plain

テーブルを展開します。

さて、いよいよ前菜の時間です。

f:id:liner883:20180125223749j:plain

前菜はスープを選びました。

「かぼちゃのクリームスープ、チャパタとタイムを添えて」

サラダも一緒についています。

クリーミーでおいしかったですね。

機内で食べるスープはおいしい説は正しいと思います。

マリメッコのスープカップが気分をアゲてくれます。

f:id:liner883:20180125223843j:plain

f:id:liner883:20180125223805j:plain

ワインは白を2種類とも頂きました。

というのも、配膳が遅れ気味で、せわしなかったため、一気にもらっておこうと思ったからです。

実は離陸してアミューズが配られるまで約70分、アミューズが配られてから〆のコーヒーまで約2時間かかっています。

外資系では遅い方ではないかと思います。

f:id:liner883:20180125223822j:plain

f:id:liner883:20180125223833j:plain

スープからさらに30分後にようやくメインです。

「鶏の野菜巻き 柚子胡椒風味 かぼちゃの煮物、黒ゴマの俵ご飯」

メインは和風2種とパスタ1種からの選択です。

正直どれも微妙だなと思ったのですが、一番ボリュームがありそうな鶏を選択。

丁寧な盛り付けで味も悪くないのですが、ビジネスクラスのメインディッシュとしてはボリューム感、プレゼンテーションに課題があるように感じました。

f:id:liner883:20180125223859j:plain

割と大きいテーブルにメインがポツンと置かれる感じ、すごく寂しさを感じさせます。

お皿も小さく、残念な感じがしてしまうのです。

f:id:liner883:20180125223908j:plain

結構待たされた割にはお上品な量だったので、まだ入ります。

デザートは全種類頂きました。

まずチーズ。

デザートワインと共に。

f:id:liner883:20180125223927j:plain

続いて小さいケーキとハーゲンダッツ

f:id:liner883:20180125223951j:plain

〆はコーヒーで。

マリメッコのカップがかわいらしいですね。

f:id:liner883:20180125224010j:plain

 やや物足りない感じのランチでした。

全体的に少し量が少なめということと、配膳が遅いことが組み合わさり、かつプレゼンテーションが貧弱に見えるということが重なった結果だと思います。

実際は満腹になるよりは腹八分の方が健康的でいいのでしょうけどね(笑)

昼食の後は機内が暗くなり、横になります。

f:id:liner883:20180109231934j:plain

スナックにカップヌードルとフルーツを。

f:id:liner883:20180125224028j:plain

到着の90分前くらいに機内が明るくなります。

f:id:liner883:20180109232010j:plain

到着前の食事はサンドイッチを選びました。

一緒にスナックのポテトチップスを頼んだところ、サンドイッチにデフォルトで添えてあるということでポテチはキャンセルに。

f:id:liner883:20180125224038j:plain

「チキンとベーコン、チーズのサンドイッチ」です。

ホットサンドではありません。

お味は良かったと思います。

f:id:liner883:20180125224049j:plain

みずみずしいフルーツが寝起きの体に嬉しいですね。

f:id:liner883:20180125224058j:plain

飲み物はシグネチャードリンクのBLUE SKYです。

ブルーベリー果実が少し入っています。

飲みやすくて危ないカクテルです(笑)

f:id:liner883:20180125224109j:plain

最後は紅茶で〆。

f:id:liner883:20180125224118j:plain

15時台なのに夜みたいなヘルシンキに到着しました。

f:id:liner883:20180109232204j:plain

フィンエアービジネスクラスマリメッコイッタラを使っているのはとてもおしゃれで独自性があっていいと思いました。

ただ、提供にかかる時間が結構長く、プレゼンテーションも残念に感じてしまったので、無理にコースで提供しなくてもいいと思ってしまいました。

それだけ私が贅沢になってしまったのかもしれません。

ヘルシンキ発はあらかじめトナカイ料理を予約しているので、本拠地発の機内食に期待したいと思います。

 

2018年2月から成田発の機内食が一新されるとの朗報が!↓

liner883.hatenablog.com