乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

AC8121&8126 Economy Class YVR-PDX Q400 2016 Dec エアカナダ8121便&8126便 エコノミークラス バンクーバー‐ポートランド 搭乗記

ANAの旅作でお得にバンクーバーにやってきましたが、ポートランドに行ってみたくて、エアカナダを予約しました。

日帰りで訪れたポートランド、どんな旅になったのでしょうか。

 

f:id:liner883:20170626220643j:plain

朝便のため、まだ夜が明けぬうちにホテルを出発です。

12月だったので、街中には大きなツリーがありました。

 

f:id:liner883:20170626220340j:plain

空港まではスカイトレインで向かいます。

無人運転です。

f:id:liner883:20170630221058j:plain

ICカードが便利です。

f:id:liner883:20170630221123j:plain

カナダからアメリカへの国際線。アメリカへの入国はカナダ国内で行います。

f:id:liner883:20170626220402j:plain

アメリカ行き用のメープルリーフラウンジに寄りました。

f:id:liner883:20170626220424j:plain

朝食時間帯でしたので、簡単な朝食メニューが用意されていました。

マフィンとゆで卵、ヨーグルトで朝食を頂きます。

f:id:liner883:20170626220442j:plain

可もなく不可もなくというラウンジでした。

f:id:liner883:20170626220516j:plain

f:id:liner883:20170626220534j:plain

リージョナル機が多数。

f:id:liner883:20170626220551j:plain

PDX行きはボーディングブリッジは無く、徒歩搭乗です。

f:id:liner883:20170626220606j:plain

f:id:liner883:20170626220622j:plain

目の前に駐機していました。

f:id:liner883:20170626220658j:plain

革張シート。

f:id:liner883:20170626220213j:plain

ピッチは狭いとは感じない程度でした。

f:id:liner883:20170626220735j:plain

プロペラの横の席を確保しました。高翼機なので、下の景色がしっかり見えます。

f:id:liner883:20170626220750j:plain

いわゆるボンちゃんです。エアカナダからすると国産機ということになります。エアカナダエクスプレスとして運行するのですが、オペレーションはジャズです。エアカナダのリージョナル路線を運航する会社です。

f:id:liner883:20170626220807j:plain

有料メニューがありました。

f:id:liner883:20170626220823j:plain

空腹の時でも安心ですね。日本のフルサービスキャリアでも導入希望です。

f:id:liner883:20170626220839j:plain

ターボプロップ機ならではの加速で離陸しました。バンクーバーは雪景色でした。

f:id:liner883:20170626220853j:plain

上空で見る朝日はいいですね。

f:id:liner883:20170626220915j:plain

機内誌の特集は日本でした。

f:id:liner883:20170626220932j:plain

1時間程度の飛行時間ですが、ドリンクとともにスナックもサービスされます。このときはクッキーでした。

f:id:liner883:20170630223544j:plain

ポートランド到着です。PBBからターミナルに入るようになっていました。

f:id:liner883:20170630223735j:plain

さて、空港からはMAXライトレールで市街地に向かおうと思っていたら、どうも寒波で倒木?で架線に障害が出ていたらしく、代替バスとなりました。

f:id:liner883:20170630223920j:plain

一部の照明がピンクです。何か意味があるのでしょうか?

f:id:liner883:20170630225212j:plain

樹氷です。めちゃくちゃ寒かったようです。もちろん滞在中も極寒でした。

f:id:liner883:20170630225231j:plain

線路が凍っています。オレゴン州って寒いんですね。

f:id:liner883:20170630225139j:plain

この電車に空港から乗る予定でした。

f:id:liner883:20170630225106j:plain

車内には自転車ベビーカー荷物置き場が設置されています。

f:id:liner883:20170630224949j:plain

こちらは、トラムです。MAXライトレールと違って、市街地内部を循環していました。車両もトラムの方が短めです。

f:id:liner883:20170630224802j:plain

f:id:liner883:20170630224744j:plain

そしてこちらがポートランドの交通を象徴するトラム、バス、自転車歩行者専用の橋です。

f:id:liner883:20170630224650j:plain

f:id:liner883:20170630224544j:plain

かっこいい斜張橋です。

f:id:liner883:20170630224617j:plain

自家用車は渡れません。このような橋に税金を投入できるという市民の方々のいい意味での意識の高さに驚きます。今の日本ではできるでしょうか?

f:id:liner883:20170630224708j:plain

f:id:liner883:20170630224530j:plain

ポートランドは橋が多い街です。

f:id:liner883:20170630224249j:plain

f:id:liner883:20170630224309j:plain

NIKEの本社がある街なので、コミュニティサイクルはNIKEです。

f:id:liner883:20170630224437j:plain

 しゃれたオレンジの自転車ですね。

f:id:liner883:20170630224457j:plain

 自転車の通行空間も確保されています。

f:id:liner883:20170630225012j:plain

分かりやすいですね。

f:id:liner883:20170630224421j:plain

 そしてポートランドはビールがおいしい街です。ビールとハンバーガーを頂きます。

f:id:liner883:20170630224855j:plain

f:id:liner883:20170630224932j:plain

フルーティーでおいしいビールです。

f:id:liner883:20170630224910j:plain

アボカドバーガーを頂きました。

ビーフパティが肉肉しくて、アボカドでマイルドさをプラスしてうまい!

f:id:liner883:20170630224837j:plain

 ポートランドでひたすら電車バスに乗り、カナダに帰国です。

ユナイテッドクラブラウンジへ訪問です。 

f:id:liner883:20170630224217j:plain

夜だったので利用者が少なく快適でした。

f:id:liner883:20170630224200j:plain

スープとチーズを軽く頂きます。アルコールはバーにいけばバーテンさんに注いでもらえたと思いますが、疲れて頼まなかったためメニューや有料なのか無料なのかは不明です。

f:id:liner883:20170630224107j:plain

帰りもボンちゃんです。

f:id:liner883:20170630224051j:plain

 帰りのスナックはプレッツェルでした。

f:id:liner883:20170630223933j:plain

ポートランドの夜景です。

f:id:liner883:20170630223952j:plain

 バンクーバーに戻ってきたところ、入国に軽く手間取りました。

さすがに日本→カナダ→アメリカ→カナダ→すぐ日本帰国は怪しまれたようです。

根掘り葉掘り聞かれましたが、ポートランドの交通を見に行ったと言ったら入国させてもらえました。

 ポートランド、乗り物好きにとっては楽しい都市です。

感覚としてはヨーロッパに近いかもしれません。

公共交通や自転車を大事にしていて、アメリカにしては珍しいというか、進んだ都市です。

Googleマップの経路案内でバス電車の案内が出来るようになったのも、ポートランドが最初で、公共交通のオープンデータ先進地でもあります。

日本も見習わなければならない点が多々ありました。

まずは、市民が自分の都市の先のことをしっかりと考えていくことからなのかなと思った旅でした。