乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

特急A列車で行こう 乗車記 天草宝島ライン乗船記

特急A列車で行こうは、熊本~三角(みすみ)間を結ぶJR九州のD&S列車です。

熊本県の島、天草の玄関口、三角までを約40分で結びます。

三角線、愛称あまくさみすみ線は、鹿児島本線宇土(うと)駅から三角半島を縦断する路線で、全線非電化です。

せっかくの天草の玄関口までの鉄道ルートであり、途中の海もきれいなのですが、これまではあまりぱっとしない路線でした。ここにJR九州が一矢報いたのがこの列車です。

どんな旅になったのでしょうか。

f:id:liner883:20170803232830j:plain

 

特急 A列車で行こう | JR九州の列車たち ~JR九州 観光列車【D&S列車】・新幹線~

 

熊本駅は現在高架駅へ変身している最中で、現在は在来線の半分が高架化されています。今後、全て高架になり、さらにアミュプラザができる予定です。今後3年程で熊本駅は大変身を遂げます。

そんな熊本駅高架ホームから発車するA列車で行こう、黒と金でシックなボディが印象的です。

車両はキハ185系で、元々は四国にいた車両でしたが、1990年代にJR九州が一部買取り、現在は特急ゆふ九州横断特急に使用されています。

ステンレス車体なので、鋼製車体と比べて加工しにくいため、窓を大きくするなどの改造はされていません。

f:id:liner883:20170803232822j:plain

f:id:liner883:20170803232833j:plain

乗ってびっくり、車内におしゃれなバーカウンターがあります。

f:id:liner883:20170803232923j:plain

ここだけ見たら、列車内とは思えません。

f:id:liner883:20170803232954j:plain

ステンドグラスが多用されており、天草の異国情緒感を表現しています。天草と言えば、歴史の教科書では天草四郎が有名だと思います。天草はキリスト教にまつわる観光名所が多くあります。

f:id:liner883:20170803232939j:plain

シートは、種車を活かしてモケットを張り替えています。様々なパターンがあり、楽しめます。床はフローリングです。

f:id:liner883:20170803232858j:plain

f:id:liner883:20170803232909j:plain

御輿来(おこしき)海岸です。干満の差が激しい有明海ならではの光景です。干潮の時に干潟に美しい模様が現れます。夕日時はもっと美しいです。

www.city.uto.kumamoto.jp

f:id:liner883:20170803233007j:plain

車内ではAハイボールなどお酒を頂けます。お酒を飲んでいると一瞬で三角に到着です。正直もっと乗っていたくなります。

f:id:liner883:20170803232841j:plain

三角駅からは目の前の港から、天草宝島ラインで天草の本渡港まで船旅が楽しめます。

www.seacruise.jp

f:id:liner883:20170803233010j:plain

こちらの船も水戸岡氏のデザインで少しだけおめかししています。

 

f:id:liner883:20170803232851j:plain

三角港を出ました。

f:id:liner883:20170803232906j:plain

外にも出られて、気持ちいですね。

f:id:liner883:20170803232920j:plain

船内のシートは、何とバス用座席で有名な天龍工業製でした。モケットはJR九州の車両で見たことある柄です。

 

f:id:liner883:20170803232934j:plain

ここだけ見たら高速バス車内かと思ってしまいます。でも柄は787系有明用だった車両のグリーン席と同じ、でもこれは船の中。マニアならではの混乱状態に陥りました(笑)

f:id:liner883:20170803232952j:plain

 本渡港に着いたら、奴寿司へ。有名店です。

f:id:liner883:20170806131817j:plain

https://tabelog.com/kumamoto/A4305/A430501/43001204/

運よく予約が取れました。

醤油はいらないお寿司です。天草の地のものが頂けます。

f:id:liner883:20170806130831j:plain

アルザス地方の白ワインがあったので1杯。

f:id:liner883:20170806130911j:plain

日本酒も全国そろっていました。

f:id:liner883:20170806130901j:plain

1品ずつ魚を紹介して頂けます。

f:id:liner883:20170806131909j:plain

九州らしく、しめ鯖があります。格子模様のあぶりは、太刀魚です。これが脂がのっていて絶品でした。

f:id:liner883:20170806131942j:plain

コースに追加で穴子の押し寿司を。こちらも美味。

f:id:liner883:20170806130854j:plain

デザートがついています。

f:id:liner883:20170806130849j:plain

特急A列車で行こうと天草宝島ラインで、熊本から片道2時間半程度をみておけば、本渡で寿司を頂くことができます。とても満足できました。

熊本観光は、阿蘇だけでなく天草まで足を延ばすのもおすすめです。

天草からは島原半島長崎市内へ船で抜けることもできるので、熊本→三角線→天草宝島ライン→本渡→バス→鬼池港→口之津港島原)というルートで、熊本、長崎を周遊すると楽しいと思います。

www.shimatetsu.co.jp

www.reihoku-kisen.jp

もちろん天草から熊本市内へ戻ることも可能です。

帰りは快速バスのあまくさ号もいいかもしれません。

www.kyusanko.co.jp

非日常が味わえる列車+船+寿司の旅、おすすめです。