乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

キャセイパシフィック542便 ファーストクラス 香港‐羽田 搭乗記 CX542 First Class HKG-HND B747-400 2016 Sep

旅客機の女王、B747‐400がキャセイから引退するということで搭乗してきました。

ジャンボといえば2階席かAコンパートのどちらか迷うところですが、キャセイのファーストクラスサービスを堪能したくて1Aを予約しました。

f:id:liner883:20170527164127j:plain

 

この日の香港は気持ちの良い空模様。

f:id:liner883:20170527163950j:plain

CX542便、羽田行きです。

f:id:liner883:20170527165314j:plain

さあ、搭乗します。一番に優先搭乗です。

f:id:liner883:20170527165443j:plain

左折します。

f:id:liner883:20170527165658j:plain

ジャンボ独特の空間です。照明がカラフルですね。ちょっと妖艶な雰囲気。

オーバーヘッドビンが無いので広々としています。

f:id:liner883:20170527165733j:plain

たった9席のための空間です。艦長席も完備です(笑)

ちなみにこの日は空調が不調だったらしく、搭乗直後はビニルハウス状態でした(笑)

f:id:liner883:20170527165824j:plain

ジャンボといえば2階席。階段を上がると……

f:id:liner883:20170527165847j:plain

アッパーデッキはビジネスクラスです。初期のフルフラット座席が並びます。

f:id:liner883:20170527170537j:plain

通路向きに座るのは抵抗感もありそうですが、ふかふかの枕が快適そうです。

f:id:liner883:20170527171905j:plain

ビジネスクラスのカウンターにはウェルカムドリンクがスタンバイされていました。

f:id:liner883:20170527172132j:plain

 さて、1Aのシートを見てみます。

蘭の生花が飾られています。

f:id:liner883:20170527172343j:plain

シート幅は小柄な人であれば2人並んで座れそうです。

f:id:liner883:20170527172835j:plain

足元も広々。座席が離着陸時のポジションではオットマン兼座席に短い足が届きません。

f:id:liner883:20170527172420j:plain

オーバーヘッドビンの代わりに、手荷物はこちらへ。

f:id:liner883:20170527172752j:plain

木目調でとっても広いテーブル。エコノミークラスのテーブル4つ分くらいはありそうです。

f:id:liner883:20170527173047j:plain

IFEはありがたいことに日本語も対応。

f:id:liner883:20170527180344j:plain

ヘッドフォンは使用しなかったのでノイズキャンセリングかどうかは不明ですが、重厚なものです。

f:id:liner883:20170527173409j:plain

フルフラットにするととても広いベッドができます。

f:id:liner883:20170527173703j:plain

ウェルカムドリンクを頂きます。この頃には少しずつビニルハウス状態は解消してきましたが、暑い中飲む冷えたシャンパンは最高です!

f:id:liner883:20170527173938j:plain

メニューです。木製バインダーに挟まれています。

f:id:liner883:20170527181341j:plain

16時台発だからか、リフレッシュメント扱いになっています。

メインのチョイスは3種類で、ざっくり言うと洋食、中華、ベジタリアンです。これに日本線では懐石風が選べます。

f:id:liner883:20170527181638j:plain

f:id:liner883:20170527181854j:plain

ワインのリスト。シャンパン1、プロモーションワイン1、赤白それぞれ2、ポート1のチョイスです。

f:id:liner883:20170527181938j:plain

離陸後、ベルトサインが消えたら早速シャンパンおかわりです。

近距離線ではアムール・ド・ドゥーツという銘柄。

すごく美味です。

f:id:liner883:20170527182053j:plain

お決まりショット。注ぎたてではありますが、泡立ちがすごいですね。

f:id:liner883:20170527182105j:plain

さて、リフレッシュメントの時間です。白いクロスがひかれます。

f:id:liner883:20170527182124j:plain

スターターはロブスターです。写真映えしますが、薄味というか素材を生かした味付けというか……。

f:id:liner883:20170527182145j:plain

パンは全種類カゴで頂けます。ガーリックトーストが美味。他のパンも温かくておいしいです。

f:id:liner883:20170527182201j:plain

ノリタケのお皿を使っているようです。

f:id:liner883:20170527182218j:plain

白ワインにチェンジ。

f:id:liner883:20170527182230j:plain

トマトとバジルのスープ。機内でスープを頂けるのは嬉しいですね。

f:id:liner883:20170527182246j:plain

ワインは赤にチェンジ。

f:id:liner883:20170527182038j:plain

メインのテンダーロインステーキです。

f:id:liner883:20170527182024j:plain

ミディアムで個人的にちょうどいい焼き加減。

f:id:liner883:20170527191131j:plain

そしてここから怒涛のデザート3種。まずチーズステージ。ポートワインとともに。

f:id:liner883:20170527191200j:plain

フルーツステージも完食。メロンのカットがおしゃれです。

f:id:liner883:20170527191103j:plain

巨大なアップルパイでラスト。お腹いっぱいではち切れそうです。

f:id:liner883:20170527191258j:plain

illyのエスプレッソをダブルで頂いて大満足の機内食終了。

f:id:liner883:20170527191230j:plain

満腹すぎるとフルフラットは胃がつらくて、やや体を起こして過ごしました。

 

キャセイのファーストクラス、座席も快適、機内食も満足です。

もちろんビジネスでも機内食の構成はファーストと似ているので満足度は高いと思います。

違いは乗客一人当たりのキャビンクルーが多いので手厚いサービス、特に料理の出てくるタイミングや飲み物の継ぎ足しが頻繁、といった部分でしょうか。

香港‐羽田は4時間程度ですが、香港ラウンジも含めてすばらしいフライトになりました。