乗り物に乗りたい!食べたい!飲みたい!

乗り物好きの大型二種免許ホルダーがお送りする、乗車記、搭乗記です。

ANA116便 プレミアムエコノミークラス 羽田ーバンクーバー 搭乗記 NH116 Premium Economy Class HND-YVR B787-9 2016 Dec

 ANAの旅作で激安価格でゲットしたバンクーバー弾丸旅行。

ラッキーなことにSFC特典でプレエコが押さえられました。

どんな旅になったのでしょうか?

f:id:liner883:20170723202349j:plain

 

 自動化ゲートであっけなく出国したらすぐにラウンジで腹ごしらえです。

バンクーバー行きは21時台後半発と仕事を終えてからの出発でも余裕があります。

f:id:liner883:20170723202149j:plain

ANAらしい、スターウォーズの出演者の皆さん方です。

f:id:liner883:20170723202157j:plain

ANAのラウンジは黒を基調にしてシックですね。

f:id:liner883:20170723202204j:plain

シックな空間でビールにカレーと庶民的なメニューで旅の出発を祝います。

f:id:liner883:20170723202212j:plain

豆類が採れるのはうれしいです。

f:id:liner883:20170723202221j:plain

さらにきつねそばまで頂いて、炭水化物祭りです(笑)

ANAビジネスクラスラウンジは炭水化物が多くて、手っ取り早くお腹を満たせられます。

f:id:liner883:20170723202229j:plain

デザートまで頂いて満腹です。

f:id:liner883:20170723202235j:plain

夜行便なので、シャワー浴びられるのがありがたいですね。ただ、同じ考えの人ばかりで、混んでいました。搭乗時刻直前になりやっとの番でささっと浴びます。

f:id:liner883:20170723202246j:plain

f:id:liner883:20170723202257j:plain

さて、搭乗です。

f:id:liner883:20170723202304j:plain

787の顔はすらっとしていて好みです。

f:id:liner883:20170723202317j:plain

残念ながら右折です。

f:id:liner883:20170723202324j:plain

お隣にも787‐9がいました。旅客機は、細長くてすらっとしているボディが好みです。787‐8よりも787‐9の方が、もっと言うと787‐10がすごく好きです。787‐10、楽しみです。

f:id:liner883:20170723202332j:plain

ビジネスクラスを通過します。新しいスタッガードシートです。

f:id:liner883:20170723202339j:plain

プレミアムエコノミーのシートがこちら。キャセイのプレエコ(除くA350)と同じシートですが、こちらにはレッグレストがあります。

f:id:liner883:20170723202406j:plain

足元もエコに比べたらゆったりです。

感覚的には山陽九州新幹線N700系の指定席のシートに似ているでしょうか。ただ、新幹線よりやや足元が狭いです。

f:id:liner883:20170723202357j:plain

787のエコノミーが3‐3‐3なのに比べると、2‐3‐2なので横幅はその分ゆったりです。

f:id:liner883:20170723202414j:plain

リクライニングは思ったほど倒れません。夜行バスのシートより倒れないと感じました。昼行便で乗りたいシートですね。

f:id:liner883:20170723202425j:plain

ディスプレイは11インチあるので、結構迫力があります。

f:id:liner883:20170723202433j:plain

 ヘッドフォンはノイズキャンセリングで、これはビジネスクラスと同じです。

f:id:liner883:20170723202452j:plain

スリッパも頂けます。

f:id:liner883:20170723202500j:plain

安全のしおりです。

f:id:liner883:20170723202508j:plain

夜行便なのであまり関係ないですが、787の窓は大きいです。

f:id:liner883:20170723202516j:plain

羽がよく見える席です。787の羽はよくしなります。

f:id:liner883:20170723202525j:plain

時間制のWi-Fiサービスもあります。

f:id:liner883:20170723202533j:plain

メニュー(というよりはサービスガイドに近い)はあらかじめ座席に備え付けてあります。

f:id:liner883:20170723202540j:plain

プレエコは1食目のドリンクでスパークリングワインが選択できるほか、1食目が終わった後に、ビジネスクラスのおこぼれデザート&リカー類が頂けます。また、北米線だとミニそばも頂けます。

f:id:liner883:20170723202549j:plain

イメージのメニューです。本日のメニューとは違います。

f:id:liner883:20170723202557j:plain

カフェインレスコーヒーがあるのはいいですね。お酒は赤白ワインにビール、ウイスキーの他はジンとウォッカしかありません。エコノミーには日本酒や焼酎は無いんですね。うがった見方をすれば、エコノミークラスならビールが一番単価が高そうです(笑)

f:id:liner883:20170723202605j:plain

ぐんぐん上昇します。

f:id:liner883:20170723202613j:plain

787のやさしい色使いの照明が好きです。さすがにいくらANAでも食事前に青色の照明にはなりませんでした。

f:id:liner883:20170723202622j:plain

ペットボトルのお水が配られました。いつでも飲めて便利です。

f:id:liner883:20170723202629j:plain

スパークリングワインは国内線プレミアムクラスと同じものです。プラのカップで飲むので、雰囲気は微妙です。というか、雰囲気が重要だと思うのです。今度はフルートグラス持参で乗ってみようかと思います(笑)

f:id:liner883:20170723202645j:plain

f:id:liner883:20170723202653j:plain

本日のメニューです。エコノミーと同じメニューです。

f:id:liner883:20170723202701j:plain

ビーフシチューをチョイス。すごく分かりやすい表記です(笑)

f:id:liner883:20170723202711j:plain

ビーフシチューおいしそうです。添え物がポテサラにグリーンサラダに春雨サラダと全部サラダなのは気にしないでおきましょう(笑)

f:id:liner883:20170723202720j:plain

f:id:liner883:20170723202728j:plain

赤ワインと一緒に頂きます。地味にパンがおいしいです。モチモチしていておいしいです。さすが自社工場製!

f:id:liner883:20170723202736j:plain

デザートはハーゲンダッツです。

f:id:liner883:20170723202745j:plain

こちらが、暗くて見づらいですが、ビジネスクラスのおこぼれデザートです。チョコレートとベリー系のケーキだったと思います。ビジネスクラスはディナーに時間がかかるため、プレエコ席は既に消灯した中でサービスされます。キャビンクルーが起きている方にデザートを食べるか聞いて回っていました。

f:id:liner883:20170723202753j:plain

バンクーバーは9時間弱で着くので、朝は軽食です。

f:id:liner883:20170723202803j:plain北米は昼です。

f:id:liner883:20170723202810j:plain

まもなく到着です。画面の中の飛行機が精巧でマニア心をくすぐります。

f:id:liner883:20170723202819j:plain

787のコクピット特有のヘッドアップディスプレイを模した画面も興味深いです。

f:id:liner883:20170723202828j:plain

地上に近づくにつれ、雪模様になってきました。

f:id:liner883:20170723202835j:plain

バンクーバーに到着です。AAの旧塗装がなんとも北米っぽいです。

f:id:liner883:20170723202843j:plain

昼過ぎの到着です。イミグレは混んでいませんでした。

f:id:liner883:20170723202858j:plain

スカイトレインダウンタウンまで向かいます。

f:id:liner883:20170723202906j:plain

f:id:liner883:20170630221058j:plain

ANAのプレミアムエコノミー、シート幅、シートピッチはゆったりですが、リクライニングが浅めなので、夜行便ではちょっときついかな、という印象です。エコノミーに比べたら全然ましですけどね。

夜行便で初めからプレエコの運賃で買うことはないかな、エコノミーからのアップグレードで座れたらラッキーという感想です。プレエコでもエコノミーでも、一人旅で何より重要なのは、隣に人がいないことです。プレエコでも隣に人がいるとぐっと快適度は落ちます。満席のプレエコ<隣が空席のエコという感じです。

 

今回のキャビンクルーの皆さんは、何となく姉貴肌というかややドライな感じで、日系らしからぬ印象も受けました。

外資系もバリバリ乗る人なら全く問題ないですが、やっぱり日系が一番だよね!的な方だと、ちょっとそっけなく感じたかもしれない、そんなフライトでした。

 

マニア的には、787-9ならではの高い気圧と湿度、低騒音、低振動で快適なフライトでした。

バンクーバー線は夜の羽田発で飛行時間も短く、弾丸旅程で使いやすいので、北米に行く際はまた使ってみたい路線です。

 

バンクーバーからはアメリカオレゴン州ポートランドへ向かいました↓

liner883.hatenablog.com